×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スキニー スキニーデニム

スキニーデニムの長さ

スキニーデニムは膝下の長さによって全体のバランスが変わります。

 

 

足首まできっちりあるものもあれば、少しふくらはぎより下、というタイプもあります。

 

 

どちらの方がいいのか、それぞれ分析します。

 

 

足首までキッチリタイプ

 

まず、足首までキッチリあるタイプについてですが、

こちらのタイプは基本的に足を長く見せる効果があります

 

 

裾が広がっているタイプのデニムも同様、足を長く見せます

 

 

長さを強調する事になりますので、トップスに短いものをもってきても、

バランスがきれいですよね。

 

 

ほとんどのスキニーデニムがこのタイプになりますが、

パンプスやサンダルが引き立ちます

 

 

この長さにする事により、足首に視線が集まり、靴が映えます。

 

 

足の長い方は膝下のラインがきれいです。

 

 

なので膝下のラインがきれいに見えれば足が長く見えると言うことになります。

 

 

 

ふくらはぎより少し下タイプ

 

ふくらはぎより少し下のスキニーデニムについて。

 

 

こちらのタイプは夏に多いかもしれません。

 

 

サブリナのような長さで、スッキリして見えます

 

 

こちらの方が足が短く見えるのではないか・・・

なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。

 

 

少し高めのヒールを履き、足を出す事で、長さが出ます

 

 

涼しげな感じがし、とてもスッキリ見えます。

 

 

トップスにお尻を隠すものをもってきてもいいのですが、

その場合はトップスはピッチリしたものではなくて、

裾が広がっているタイプの方がバランス良く見えます

 

 

トップスに広がりを持たすことで膝下を強調するラインが出来ます。

 

 

七分丈くらいの長さが一番足をキレイに見せると言います。

 

 

 

 

 

どちらの場合も着こなしによって随分印象が変わりますが、

バランス命!で着方を工夫すれば、

どちらのスキニーデニムも美脚効果が狙えます