×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スキニー スキニーデニム

スキニーデニムとレギンス

スキニーデニムとチュニックの合わせ方は、定番化しつつあります

 

 

トップスにボリュームを持たせる事で、

さらに脚の細さを強調することが出来ます。

 

 

チュニック+レギンスという組み合わせ方も、同じ役割を果たしていますが、

スキニーデニムとの違いとしては、「しっかり感」があるという事。

 

 

レギンスがややカジュアルになるのに対し、

スキニーデニムはキレイな感じになります。

 

 

レギンスの定番は様々ですが、

近年ではスカートにプラス、ショートパンツにプラス、といった使い方が定着し、

パーティでのシチュエーションでも使用される程、流行に浸透していますし、

デニム柄のレレギンスもあり、あらゆるタイプのレギンスが世に出回っていいます。

 

 

それに対してスキニーデニムも同様、様々タイプのものが世に出回っていますが、

レギンスに比べやや「しっかり感」があります

 

 

しっかり感というのはキチンとしていて、ピタピタとし、

締まっているという感じですが、素材に比べても分かる様に

スキニーデニムの方がぶ厚いです。

 

 

その分上にジャケットも合わせやすい

 

 

レギンスだとどうしてもトップスに

ワンピースやチュニックをもってこないといけませんが、

スキニーデニムの場合は、それひとつでボトムスの役割を果たすので、

パンツとして使用できるというのが利点です。

 

 

ロックが流行し、ベストルックスタイルが浸透し、

ボトムスは様々な着方でロックの着方を多様化していますが、

そこに必ず登場するのが、レギンスとスキニーデニムです。

 

 

どちらもいづれにしよ、役割やシチュエーションを考えて、どちらを活用するか、

いろいろ試してみるのがいいかと思います。